元アイドルの女性保釈、「本当にすみませんでした」涙の会見後は病院へ

 覚醒剤取締法違反(使用・所持)で起訴され、保釈が決定した元アイドルの女性被告(38)は16時半ごろ保釈された。被告は41日ぶりに公の場所に姿を見せた。
 
 女性は警視庁東京湾岸署の入り口から出ると一礼し、周りを見回したあと、「これまで私を応援してくださった皆様、本当にこのたびは申し訳ありませんでした」と言うと、深々と頭を下げて最敬礼をした。目をパチパチさせて涙をこらえているようであったが、車に乗り込むときは軽く微笑んだ。黒のスーツに身を包んだ女性は顔色は良さそうであった。表情は終始穏やかであったが、「頑張って」というファンの声が飛ぶと少し涙ぐんだような感じであった。
 
 被告は、同署の女性用拘置施設に1人で過ごし、弁護士が差し入れた本を読むなどして過ごしていた。16日まで保釈保証金500万円のうち250万円のみ納付され、17日に残りの250万円が納付された。同署前には報道陣約300人、ファンなども多数集まっていた。ファンの一部の人は会社を休んできたと言い、「おめでとう」と手作りで書かれた横断幕を見せた。「おめでとう、というのは間違っていますけど、これから頑張って欲しいという気持ちを込めた」と語った。
 
 16日に夫(41)が渋谷署から保釈されたが、被告の保釈の条件として、夫との面会は禁止されているが長男と会うことは出来るという。保釈の際は一般的に居住地の制限、裁判所からの呼び出しには必ず出頭、逃亡・証拠隠滅しない、許可なく海外や国内の旅行をしない、などの付帯条件がある。
 
 被告は8月8日に同法違反(所持)で逮捕され、7月30日に鹿児島県奄美市内のホテル客室で覚せい剤を使用したとして起訴された。10月26日に初公判が予定されている。夫は同21日に東京地裁でそれぞれ開かれる。
 
 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
 
 記者会見に先立ち、関係者が都内のホテルに「300人ほど収容できる場所」を予約していたといい、サンミュージックの相澤元会長・元社長の2人は、芸能関係者が集まる会合を17日に出席しない旨伝えていたことから、記者会見が開かれるものと推測されていた。
 
 会見場には500人近い記者が集まり、ホテルの外にも一般の人などが多数集まるなどしたため、警視庁神田署員が警備するなど記者会見としては異例の警備体制となった。記者会見の時には、女性の他に弁護士、サンミュージックの相澤副社長、ビクターエンターテイメントの三枝会長が同席した。公判前のため質疑応答はできないということで、どういったコメントを被告が語るのかが注目された。
 
 18時30分の記者会見では、女性が会見場に姿を現すとフラッシュが一斉にたかれた。サンミュージックの相澤副社長が「本日はお忙しい中、お集まりいただきありがとうございました。国内や海外のファンのかたなどに改めて深くお詫び申し上げます」などとコメント。
 
 続いてエンタービクターエンターテイメントの三枝会長がコメントした。
 
 「この度の事件により、ファンのみなさまを失望させてしまい、弊社といたしまして契約解除に至ったことにつきましては、非常に遺憾に思っております。これから被告は裁判により処罰を受けることになりますが、これを被告が厳正に受け止め、断じて再度過ちを犯すことなく、1日も早く社会復帰できることを心より期待しております」などとした。

 同会長がコメントしていると、女性の目からは大粒の涙がいくつもこぼれた。
 
 弁護士が、裁判を控えているので個別の質疑応答に答えられないと述べた後に、女性がコメントした。
 
 会見を行った後はメンタル面の治療のために都内の病院に入院をする、と弁護士は述べた。
 
 フラッシュの音をあんなにたくさん聞いた会見はあまり記憶がない。女性が会見中「日本や海外のファンの皆様」と言ったところで声を詰まらせた。分かっているじゃないか、ステージに立つ者はお客さんがあって成り立つ仕事だということを。
 
 芸能人とは遠い存在ですが、ライブに行けば身近に会うことが出来る。でも、犯罪者になったら本当に遠い存在になってしまう。おぞましい薬物とは縁を切って、新しい女性にいつか会えることを心待ちにしています。
 
 

 
 
☆ 叱ってくれる人がいなくなったら、探してでも見つけなさい 。(永六輔)
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ さよなら、元アイドルの女性 覚せい剤所持で起訴 事務所は解雇処分(本ブログ・09/8/29)
 
 
 

(Visited 55 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。