福田沙紀→「歩きタバコはイヤ!」 ごめんなさい、許してください

 タバコはかつて嫌いだった。父が車の運転中に吸おうものなら家族でブーイングであったが、そんな私もいつの間にか吸うようになった。目覚めの一服、最寄り駅近くでアイスコーヒーと一緒に一服、職場について一服・・・・。ごめんなさい。
 
 体に悪いことは重々承知しているがやめられない。あの紫煙をくゆらせて無心になっているときが一番やすらぐ。と同時に、他人に迷惑をかけていることもよく分かっている。だから歩きタバコはしないし、携帯灰皿は必須、分煙されていればそれに従う。申し訳ないです、本当に。
 
 時代の流れであるが、今年の春からJR東日本管内の駅が終日禁煙となった。地下鉄や私鉄各線は先行して終日禁煙にしており、それに追随する形だ。電車を待っている間に一服することはもうできない。すみませんでした、いままで。
 
 幸福追求権の1つであるといわれている、嫌煙権が主張されるようになり「タバコは迷惑だ」とはっきり言える社会になった。一昔前まではそこまで煙たい存在であるとはっきり言われないのが喫煙者であった。本当に、許してください。
 
 松田聖子の歌に「タバコの匂いのシャツにそっと寄り添うから♪」なんていう歌詞もあった。そしてそのあとには「あなたについて行きたい♪」と続く。女優の福田沙紀(18)がCD「明日への光り」の発売記念イベントを行った。その中で”世の中で掃除したいモノ”として「歩きタバコ。受ける煙が嫌」と話した。そうですね、歩きタバコは最低です。”モノ”扱い、仕方がないです。今では誰も「タバコの匂いのあなたについて行きたい♪」なんて言わない。ほんと、勘弁してください。
 
 小道具のタバコとして、90年代のドラマまでは俳優さんがスパスパ吸っているシーンが見られた。しかし近年のドラマを見ると、有名な俳優は口にくわえるけれども火は付けない、口から取る、などなど喫煙シーンが激減している。これだけ取ってみても、喫煙に関して世間に配慮していることが分かる。いいな、同じ嗜好品でも酒は市民権を得ていて。
 
 「Nonoさん、タバコ吸うんですかぁ?面白いライターですね。ちょっと見せてください☆」なんて女の子に言われたのも今は昔。今なら「Nonoさん、タバコ吸うんですね」で終わりだ。やめられません、許してください、嫌いにならないで下さい、いや、嫌いになってもいいです。あああぁ。
  
 
☆ ワインを飲んでいる時間を無駄な時間だと思うな。 その時間にあなたの心は休養しているのだから(ユダヤの諺)
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 大学に大麻汚染(本ブログ・08/11/18)
★ たばこ1箱1000円に?(本ブログ・08/6/10)
 
★ 14年連続で喫煙率過去最低を記録(毎日新聞・09/8/15)
 
 

(Visited 147 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。