逃げるよりも速かったツイッター 地震速報

シェアする

 11日早朝の静岡沖地震のとき、ちょうどテレビを見ていた。テレビではのりピーの事件に続いて、北朝鮮で「アリラン祭」という祭りがやっていると放送していた時だった。
 
 ポロンポロンという音と共に「緊急地震速報です。強い揺れに警戒してください」というアナウンスと共に「静岡 山梨 神奈川」と表示があった。前のエントリで「東京という表示を見たときは生きた心地がしなかった」と書いたが間違いだった。「山梨 神奈川」ということで、隣の東京にも来ると思い慌てたことによる。加えて静岡県に母が滞在していたので不安になったのだ。
 
 同速報時にPCを開いていたので、メールからツイッターに「静岡、神奈川、山梨で緊急地震速報、東京でも」と打ったところで揺れが来た。それと同時にメールを送信。あとで送信メールの時間を確認したところ午前5時7分54秒。ツイッターは速報に威力を発揮するのはこの手軽さにあると確信した。
 
 一部のブログサービスでもメールで送信・投稿ができるが、件名(エントリのタイトルとなる)と本文を入力しなくてはならず、ツイッターのようにメール送信時に「件名」にのみ入力すればいいというわけに行かない。なお、メールでツイッターに送信する場合は、件名欄か本文欄のどちらかでよい。
 
 家族や友人などの「モバイルツイッター」のページを保存しておけば、気になる人の「つぶやき」を確認できる。これも災害用伝言板代わりになるかもしれない。自分も「無事です」とつぶやけばよい。メールで安否を一斉送信するより楽だ。通話規制がかかると、携帯も固定電話も通話ができない。
 
 ブログやホームページの更新と違い、ツイッターは投稿時間が短くて楽である。速報を流すことに威力を発揮するので、メールとは違った使い方が工夫できそうだ。
 
 前回の繰り返しになるが、緊急地震速報が出たら、倒れそうなものから身を避け、火は消し、余裕があったら逃げるなどするしかない。実際にこの速報が出たら、できることはほとんどないことを実感した朝であった。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 静岡沖地震:特集(読売新聞)
★ Twitter 
★ モバイルTwitter 
 
 

(Visited 30 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。