すれ違いざま鉄棒で殴打 男性失明 大阪・豊中市

 2日午前8時5分ごろ、大阪府豊中市庄内西町の路上で、同市内に住む警備員の男性(62)が、自転車に乗った男とすれ違ったときに、鉄棒のようなもので左顔面を殴られる事件があった。男性は病院に運ばれたが、眼球破裂で左目を失明するなどの重傷。殴った男は逃走しており、大阪府警豊中南署は殺人未遂事件として捜査を始めた。
 
 男性を殴った男は20歳くらいで1メートル70センチ、やせ形で茶髪。事件の直前に女性と自転車に2人乗りをしていた男が「にらんだだろう」と男性に言いがかりを付け、いったんは走り去ったが1人で引き返してきて男性を殴った。男性は男と面識はないという。
 
 男性は近くの家に助けを求め、左目から出る血を手で押さえながら「警察に電話してください」と訴えたという。
 
 失明させる事件としては、02年10月に横浜市内で無職の男性(当時66)が金属バットを持った高校生の少年2人(いずれも同17歳)に襲われて右目を失明する大けがをした事件がある。少年2人は強盗殺人未遂容疑で神奈川県警に逮捕されており、金欲しさの犯行であった。
 
 豊中の事件は金目当てではないが、「ガン付けただろう」などと因縁を付けて暴力事件に発展することは多い。こうした身近な犯罪が体感治安を悪くする。警察は何としても被疑者の検挙に尽力して欲しい。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 自転車の男に殴られ眼球破裂、そのまま逃走 大阪(朝日新聞・09/8/2)
★ 殺人未遂:すれ違いざまに棒で顔を殴られ重傷 大阪・豊中(毎日新聞・09/8/2)
 
 

(Visited 133 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。