警官、教師・・携帯に依存しわいせつ事件を起こす気味の悪い大人たち

 かつて有名メーカーから、あるビデオカメラが発売された。赤外線を搭載し、夜間でもきれいに映せることがウリであったが、この機種で水着を撮影すると透けて見えることが判明し、メーカーは発売を中止した。また、別のメーカーからはレンズの部分が本体から外れて、電話のコードのようにカール状に伸びるレンズ付きビデオを発売した。ところが、これが「のぞきにも使える」ということになり、発売中止となった。
 
 こうした機器は10万円以上する物であったと思うが、最近は何といっても携帯電話である。わいせつ事件を起こす者というのは、被害者を1人の人間として見る前に、自分が”考える足”であることを忘れ去っているようだ。どこに置き忘れているかというと、主に携帯電話のようだ。携帯の中のやりとりだけで人間関係の一部を完璧に構築していると思っている。異性とのやりとりならば楽しいのは分かるが、エスカレートする端末操作に相手は見えず、自分の血走った眼をインカメラで見ることはない。 
 
 携帯電話の内側にある「インカメラ」というのは必要なのだろうか。これのせいでスカートの中を盗撮する”デジタルスカートめくり”をする愚か者が後を絶たない。いい大人がスカートの中を撮影して逮捕されている。年端もいかない子供のいたずらレベルのことを、社会的地位のあるような大人が平気で、”果敢に”挑戦しているのだ。キャリアを放棄してまで行動に移すその勇気に拍手を送りたい気分だ。
 
 岩手では、青森県三戸郡内の公立中学校男性教師(39)が痴漢や盗撮のために、岩手まで「一泊二日旅行」をした。盗撮や痴漢など、女子高校生を辱める行為をさんざんした後に岩手県警に任意で事情を聞かれた。青森県教育委員会はこの教師を懲戒免職処分にした。
 
 神奈川県では同県警国際捜査課の警部補(41)が女子大生の下半身を携帯のカメラで撮影して逮捕された。容疑を認めているという。
 
 誰でも想像の範囲であれば罪にはならない。しかしそれを実行に移そうかと考えた時点で、この手の犯罪者というのは盛りのついたイヌ、ネコ、サルのごとく発情するのだろう。発情したらもう止まらない。あとは身柄を確保されることが待っている。そして仕事から捨てられ、仲間からも捨てられる。
 
 児童ポルノ法の「画像単純所持」の規制法案が審議されているが、盗撮行為についても現行の都道府県迷惑防止条例で罰金刑で済ませるのではなく、禁固・懲役刑まで格上げした方が良さそうだ。罪の意識がなくならないのは、収監される恐怖がないからに他ならない。ケータイでスカートの中を撮影するなど、国土の狭い日本だから成立してしまう犯罪なのかもしれない。がんばって教師や警官になったのは、社会の規範となって悪い見本となるためだった、かのようである。普段、女性との付き合いがへたくそなのだろう。
 
 そんな彼らに1つだけ感謝するとすれば、ブログのネタが尽きなくて助かる、ということだ。次はどこの大人がやってくれるのだろう。社会的地位が高ければ高いほどいい。盗撮なんかよりもよっぽど楽しい。盗撮記事用フォーマットを作ってお待ちしております。
 
 
☆ 愚か者のいることに感謝しよう。彼らなしには他の人間の成功はないのだから。(マーク・トゥウェイン)
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。

★ 電車内で下半身を盗撮 警部補を逮捕(産経新聞・09/7/17)
★ 一泊二日「痴漢旅行」 青森の中学教師、懲戒免(読売新聞・09/7/17)
★ わいせつ公務員の税金無駄遣い止まぬ(本ブログ・09/2/11)
 
 

(Visited 40 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。