【新型インフル】東京と神奈川で初の感染、16歳女生徒2人(2009/5/20)

 厚生労働省や東京都、川崎市によると、川崎市高津区の洗足学園高校に通う2年生の女生徒(16)2人が、新型インフルエンザに感染していたことが分かった。2人は東京・八王子市と川崎市在住。
 
 2人の女生徒は、別の4人の生徒と英語教師1人と19日夕方、アメリカ・ニューヨークからコンチネンタル航空9便で成田に帰国。八王子の女生徒は機内検疫で39度の発熱が確認されたが、このときの簡易検査では陰性だった。その後も体調不良を訴え、20日11時半に八王子市内の医療機関に受診時に38.9度の熱があり感染が判明、現在はせきや悪寒があるが入院しており安定しているという。

 この女生徒は19日16時ごろ、成田空港から多摩センター駅(東京・多摩市)行きのリムジンバスに乗った。その後、京王線とJR横浜線に乗車、19時20分ごろに帰宅。2人の女生徒らは今月11日から18日までニューヨークに滞在していた。
 
 東京都福祉保険局の会見によると、修学旅行等の学校単位のイベントではなく、女生徒が感染確認された後に高校に登校していないため、人から人への感染の恐れはないとして当初は学校名を伏せていた。
 
 川崎市によると、同市在住の女生徒は市内の感染症指定医療機関に入院している。生徒らは「模擬国連」に参加するためにニューヨークに滞在、成田空港の到着時に2人がサーモグラフィーにかかった。洗足学園高校によると、引率していたのは米国人女性教諭で、生徒は2年生2人と3年生4人であるという。川崎市の女生徒はニューヨーク滞在中、気分が悪かったといい、八王子市の女生徒と同じホテルの部屋だった。
 
 女生徒らはニューヨークのエンパイヤステートビルやミュージカルなど、複数の観光名所に訪れており、感染源の特定は困難だという。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 新型インフルエンザ特集(朝日新聞)
★ 洗足学園高校
 
 

(Visited 58 times, 1 visits today)