引きこもりからロックバンド 欧米進出の「ガガーリング」

 
 うつ病、対人恐怖症、摂食障害、不安障害にパニック障害など、多くの人が心療内科や精神科にかかるようになり、社会の病気として認知されている心の病。そんな中で、引きこもりにうつ病、そして自殺未遂を経験、20歳で失意のどん底にいた経験から一転してロックバンドのボーカルになった女性がいる。「ガガーリング」のボーカル、マイムさんだ。
 
 受験に失敗したことから「私はダメ人間」と、自分を責めるようになった。重度のうつ病と診断されて、2度自殺を図った。ある日、友人が連れ出したローリング・ストーンズのライブ。「この曲、聞いたことがある」と、失っていた楽しさがこみ上げてきた。
 
 「こんなに人を感動させる。自分もやる」と決めると、カラオケボックスで自分の歌声を録音し、デモテープを持ってライブハウスを巡る。「歌いたいんです」と1人のギタリストにテープを突きつけた。それはギタリストのモトさんで、元リンドバーグのドラムのチェリーさんと新バンドを作ろうとしていた。
 
 鬱を引きずっていたが、プロデューサーは「悩んでいる若者や鬱の人は大勢いる。それを素直に詞にしよう」と言った。欧米では日本のビジュアル系バンドブームの最中だったが、そこから「ガガーリング」の快進撃が始まる。昨年2月にネット上の「マイスペース(MySpace)」に曲を投稿したところ、視聴数がいきなり1位になり、賞賛のメールが海外から舞い込んだ。現在「フレンド」は8000人を超えている。今春にはモスクワ公演も予定している。
 
 マイムさんは「ちょっとでも変わりたい心があれば、外に一歩踏み出して。どこかにきっかけが落ちているか分からないから。1つの行動が未来を大きく変える。心が動いた瞬間を逃さないで」とコメントしている。
 
 人はさまざまな状況下に置かれて失意の底に沈むときがある。マイムさんはそれを打破した。病気の人も、健康な人も最初の一歩が踏み出せずにいるから苦しみが長引くのだ。日常生活で単に目的地に向かって歩いている一歩一歩はたいした歩数ではない。辛いときの大きな一歩というのは、時には国をまたぐその前進たるや、自分の想像を超えた無限の可能性に突き進むに違いない。

 
★ ボーカルだったマイムさんが現在若女将として活躍されている「日進館」(群馬・万座温泉)のホームページ
★ GAGAALING ガガーリング オフィシャルサイト
★ GaGAAlinG on MySpace (MySpace)
★ 引きこもり一転 ロックバンドで欧米進出「ガガーリング」ボーカルのマイム(産経新聞・09/1/9)
 
 

(Visited 295 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。