「自分は警察庁のキャリアだ」36歳警視、空港検査員に暴行

 
 先月24日正午ごろ、成田空港第2ターミナルの手荷物検査場で、警察庁人事課課長補佐の男性警視(36)が100ミリリットルを超える男性用化粧水を持ち込もうとした。女性検査員(32)が制止すると、「自分は警察庁のキャリアだ」という趣旨の発言をし、さらに検査員の仕事を侮辱するような暴言を吐き、検査物を乗せるトレーを放り投げ、検査員の肩と足に当たった。検査員にけがはなかった。100ミリリットルを超える液体物は、国際線機内への持ち込みが禁止されている。
 
 通報で駆けつけた千葉県警空港警備隊の警察官がその場で警視から事情聴取。しかし、逮捕や警察署への任意同行などはしなかった。警視は検査員に謝罪しただけで、そのまま知人女性とドイツに出国した。警察庁の内規では海外旅行は届け出が必要だが、この警視は無届けだった。千葉県警が暴行容疑で捜査するともに、警察庁も懲戒処分する方針だ。
 
 国際的にテロが頻発している中で、空港の手荷物検査や身体検査というのは重要な任務だ。危険物が荷物に入っていないか確かめると同時に、迅速に、しかし荷物を壊すようなことはあってはならない。急ぐあまり、バッグの取っ手などを汚損させてしまい弁償することもある。
 
 検査員の近くにはAP(Airport Police=空港警察官)がいるとはいえ、乗客に注意をするなどということはできるだけしたくない。検査場の手前には、時計や携帯、アクセサリーなどの金属類はトレーに入れること、100ミリリットルを超える液体物は持ち込めないことなどが記されている。1つ見逃すようなことがあれば、テロの危険性も拡大するというものだ。
 
 空港の検査業務は警察庁と国交省が管轄しているという。品格も世間も知らないこの36歳のキャリアでは仕方のない事かもしれないが、女性検査員にとっては悔しい出来事であったに違いない。彼が発言した内容は「俺は暴力団組長だ」と言わんばかりの、キャリアというには稚拙な言動であった。

 
 
☆ とんでもなくケチな人間に限って、とんでもなく大きなプライドを持っている(ヴォルテール)

☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
 

(Visited 202 times, 1 visits today)