久しぶりに見たSPEED

シェアする

 
 大晦日のNHK紅白歌合戦を見た。水谷豊の緊張ぶりも面白かったが、久しぶりのSPEED(スピード)もよかった。9年ぶりの復活となったが、それでもまだ今井絵理子は25歳だし、他のメンバーもまだ若い。みんな綺麗になって大人の女性の貫禄を感じた。それになんと言っても全員そろっても違和感がない。メンバー最年長の仁絵の笑顔は大人の笑顔だったし、上原多香子はあどけなかった笑顔が魅惑の雰囲気を感じさせるものになっていたし、島袋寛子はいちばん幼い顔だったが、色気すら感じた。
 
 島袋は高音パートを歌う。紅白では「White Love」を歌ったが、歌詞で「天使がくれた出会いは・・」の部分とそれ以降の部分、かつての島袋だったら「若さと勢い」で歌っていたような感じすらあった。つまりちょっと苦しいのではないかと思っていたが、今回は高音パートに余裕を感じた。声に厚みが出ていたのに驚いた。表情に余裕があったのだ。
 
 SPEEDが再結成するきっかけになったのは、日本テレビの「24時間テレビ」。番組の企画でかつてあったことのある難病を抱えた女性に再会するSPEEDのメンバー。このときのプロデューサーの提案で復活することになったのだ。このときに今井絵理子の息子、礼夢(らいむ)くん(4)が耳が全く聞こえない障害を持っていることが明らかになった。
 
 琉球新報の記事の中で、今井が「障害は一つの個性だ」というくだりがあった。これまで健常者と障害者と区別している社会があったが、個性だと言われると区別していた自分が情けなく思う。そもそも障害者を定義するよりも、健常者を定義することの方が難しいかもしれない。他人の迷惑を考えずに行動する障害、うそをつく障害、法律を破る障害、冷たい言動で相手を傷つける障害、障害者だと区別する障害。果たして健常者がいたとしたら、どんな人なのだろう。

 「White Love」の中で「愛してる」という箇所があり、今井は手話でそれを示した。紅白を見ていたかもしれない礼夢くんに絵里子ママはどう映っただろう。手話をしない他の親子と違って、これからますます顔を向き合わせる時間が多いに違いない。絵里子ママと礼夢くんを羨ましいと思うことが一つある。それは、手話を知らない人の前で堂々とヒソヒソ話ができることだ。 
 
  
☆ 音楽という言葉は知っていました。 生まれて初めて聴いて…… 涙が止まりませんでした (障害を持った人たちのためのコンサート 『夢いっぱいの特等席』に参加した人の手紙 )
 
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。

★ 難聴の息子と向き合う 歌手・今井絵理子さん(琉球新報・09/1/1)
★ SPEED、完全復活(本ブログ・08/8/20)
 
 

(Visited 32 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。