南田洋子さんの認知症「介護は恩返し」長門裕之

 俳優の長門裕之というと、かつては主演を多く抱えたビッグネーム、そして現在では存在感のある俳優として有名だ。独特のセリフの言い回しや、コミカルな部分というのは他の俳優に真似のできない部分であろう。私が過去に見たドラマでは、堀ちえみ主演の「スチュワーデス物語」で主人公千秋の義理の父親役、小泉今日子主演の「少女に何が起こったか」で音楽大学の教授役など、この人ならではの個性的な役が印象で気である。「スチュワーデス物語」では、妻である南田洋子がゲスト出演している。
 
 おしどり夫婦として有名だが、長門裕之(74)が、妻の南田洋子(75)の認知症を明らかにした。テレビ朝日系の「徹子の部屋」に出演し、介護について涙ながらに語った。3年ほど前から南田が物忘れをするようになり、長年住んでいた東京・世田谷の豪邸を売却し、住みやすいマンションに引っ越した。
 
 「指の中からポロポロ落ちた物を、俺が一生懸命拾い集め、手の中に戻そうとするけれど追っつかない。どんどん忘れている」。「スリッパを履きたいのに、テレビを指して『あれ』と言ったりして戸惑うけど、それも洋子なんだと納得してやっている。お風呂で背中を流すとき『お背中長嶋茂雄』っていうとコロコロ笑う。かわいいんだ」。
 
 今でも女優のプライドを忘れることはなく、外出時は車いすをいやがる。「洋子が全てを忘れていく中で、二人っきりの生活を楽しく過ごし、最後のときに『楽しかった』と思わせてまっとうしたい。そばにいて支えることに男として夫として充実感がある。洋子への恩返しなんだ」と語った。南田と同い年の黒柳徹子ももらい泣きをした。
 
 長門はかつて女遊びをしていたことを暴露本にしたために、芸能活動ができなかった時期もある。また南田に対するDV(ドメスティックバイオレンス)があったことも明らかになっている。南田は10年ほど前まで、長門の父の介護を15年に渡ってしてきた。その南田が自ら要介護者となってしまうのは何とも解せないことである。
 
 65歳以上の高齢者は7年後に4人に1人と試算されている。少子高齢化は避けられないが、認知症の患者も現在180万人が、15年後に337万人まで増えるとの予想だ。介護費用や介護そのものの負担も考えなくてはならない喫緊の命題である。
 
 通常よりも速く歩く「速歩」という方法が認知症を予防する1つの方法となっている。脳に酸素を送ることが少なくなる老年期に効果的なのだという。だから1日1時間でも散歩などをするといいようだ。不安な心理状態が続くと発症すると言われる認知症。全国の患者さんが少しでも楽しい余生を送れるためにも、特効薬の開発が望まれる。
 
 
☆ 愛し合っているというのはお互い見つめ合っていることではない。お互いが同じ方向を見つめることだ。(サン・テグジュペリ)
 
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ 長門裕之「介護は恩返し」妻、南田洋子の認知症涙で語る(iza・08/10/3))
★ 認知症の患者数、30年後は倍に!?(healthクリック)
★ アルツハイマー予防の可能性 カレーの成分(本ブログ・07/7/17)
 

 

(Visited 204 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。