犬の殺処分数が全国一 沖縄県

 子供のころは残酷だったと思う。アリを2匹捕まえて、シャープペンの芯ケースに入れる。そうすると戦い始めるが、ケースのふたを閉めた状態であったため、酸欠で死んでしまうのだ。アリの巣を見つけては、その入り口に水を入れて水没させたこともある。
 
 いじめていただけではない。埼玉県の河川で遊んでいると、向こう岸の林の中からヘビが出てきていた。口にはカエルが片脚をくわえられた状態でぶら下がっていた。カエルは好きでなかったのだが助けたいという一心で、精一杯の正義感を持ってヘビに向かって投石をした。石が命中するとヘビはカエルを口から放した。
 
 都内で幼少期を過ごした割には緑の多い場所で育ち、それは貴重で幸運な体験であった。昆虫や植物、そして小動物と接する機会が多く、人間より無愛想な彼らと見つめ合い、時間を空費していた。
 
 沖縄県で県動物愛護センターに捕獲され、処分される犬の数が全国一である事が分かった。06年の統計では、その数6399匹である。同センターの1階には、収容されている犬・ネコの種類、保護・捕獲された日時、そして処分日が貼られている。処分日にはガスで処分される。
 
 動植物と静かに同じ時間を過ごした経験があると、おおよそその価値のない時間が恋しくなってくる。だからふと植物に水をあげたくなるし、鑑賞してしたくなる。犬や猫を呼び寄せて頭をなでてやったりしたくなる。そうした動植物たちと同じ時間を過ごせたことは幸運ですらある。
 
 自分の最期を感じ取った動物たちは、オリの中で何を考えて過ごしているのだろう。目をつぶって見えるものは何であろう。動物たちに最期を押しつけた、人間たちは今どこで何をしているのだろう。
  
 
☆ 「こんな田舎町でも何か起こるのかい」「ああ」「何が?」「バラが咲く」(映画・『乱暴者』)

☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ 犬の殺処分数全国一 問われるモラル、多い飼い主持ち込み(琉球新報・08/7/9)
 
 

(Visited 12 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。