落書きと日本人

 「2ちゃんねるは便所の落書きだ」と最初に言ったのは筑紫哲也さんだという。でも私のほうが早い。98年頃、「東芝クレーマー事件」というネット上の騒ぎ(「祭り」という)があり、そこに書き込みをした。ところが「反撃」を食らって頭に来た私は「こんな便所の落書き・・・」というフレーズを使った。2ちゃんねるがまだ分類化されていないころのお話。
 
 イタリア・フィレンツェ市内、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂に落書きをした女子大学生が厳重注意の処分を大学から受けた。そして他の大学生、高校の野球部監督も処分を受けた。少し厳しい気もするが、名前を書いての堂々の犯行の告白は放っておくべきではないだろう。旅行をすると開放的な気分になるのは分かるが、たとえ周りが落書きをしていても、真似してよい合理的な理由がない。
 
 ところで、ツアー会社「エクスペディア」のアンケートで、ベスト・ツーリストとして日本人が堂々の一位を獲得していた。以下順位及び詳細。
 
 総合順位 1. 日本人 2. イギリス人 2. ドイツ人 4. スイス人 6. オランダ人 詳細としては、「行儀のよい旅行者」、「礼儀正しい旅行者」、「ホテルで静かな旅行者」、「苦情の少ない旅行者」で一位となっている。
 
 こんなに評価がよいとは知らなかったが、これは誇れることである。日本製品のみならず、日本人そのものに評価があるのは素直に嬉しいところだ。人間の素行はなかなか誤魔化せるものではない。見ている人はちゃんと見ているのだ。
 
 しかし近年の日本では落書きが酷く、どこの商店街でも対応に苦慮している。海外から来た人たちが日本の街を見てガッカリするようなことはあってはならない。していることは犯罪であると知らしめる必要があり、断固とした措置が必要だ。
 
 最近の落書きは手の込んだものが書かれているようである。最近、「へのへのもへじ」を見ることはなくなり、すっかり過去のものになってしまったようだ。
 
 
☆ えーい 紙をまっくろけにぬりつぶしちゃえ。なんとかなるだろう。物語はここから始まるのだ (手塚治虫)
 
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ 99年「東芝クレーマー事件」の男、窃盗容疑で逮捕 福岡(本ブログ・09/7/3)
★ 旅行者のイメージ調査結果発表(08/7/3)エクスペディア)
★ 落書きの呆れた日本観光客について(レコードチャイナ
★ 「SANTA」の落書き犯逮捕(産経新聞・07/11/28)
 
 

(Visited 24 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。