ブログを書く人の気持ち

 
 以前このブログにコメントを頂いた、時事通信社の湯川鶴章さんのブログで「(記者という)こんなに面白い仕事で給料までもらっていいのか」と書いてあった。記者という仕事は朝早く、時には深夜まで、体力資本で大変ではないかと漠然と思っていた。
 
 でもブログを書いていて、ちょっとその気持ちが分かるような気がするときがある。経験を基にブログを書くときだ。書いていて楽しいし、文章にも迫力がある気がする。経験で綴っているので、他者には真似ができないという点でもちょっとした優越感に浸れる。なるほど、記者の仕事というのは取材して話を聞いたり体験したりすることで、他者と差別化が図れるのだ。
 
 体験しているから嘘がない。新聞や本といった紙メディアが概ね信頼できるのは、その部分において、言い放しで無責任部分が垣間見えるネットと差別化が図れるところだ。
 
 しかし報道各社にもブログにも残念ながら誤報や虚報が存在する。これを排除するためには、書き手のモラルはもちろん、読み手のモラルをも意識して書かなくてはならないことであろう。真摯な姿勢が文章には表れる。それがなされたとき、産経新聞社の猪谷さんのいう「小さくガッツポーズ」は、書き手のみならず、読み手にもそうさせるはずだ。
 
 
☆ 退屈なテーマなど無い。退屈な物書きがいるだけだ(H.L.Mencken)
 
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ 湯川鶴章のIT潮流 ネットは新聞を殺すのか「おわりに」
★ 【勿忘草】記者とブロガーの境界(iza・08/4/13)
 
 

(Visited 13 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。