大場久美子、パニック障害とうつ病経験を告白

 
 大場久美子というと「コメットさん」を思い出す。コメットさんの隣に住んでいた女の子役が”元カノ”だったこともあり、複雑に印象深いドラマだ。その大場久美子がパニック障害とうつ病を患っていたことを明らかにした。この類の病気が老若男女問わず多くなっているのはどうしてだろうか。
 
 自動車を運転している人間が、安全に操作できる速度の限界が時速40キロメートルだという。それを超えると、突発的な事態に遭遇したときに対処できる力が人間にはない。すなわち、運が作用することになる。
 
 我々の社会がスピード重視になってしまった。時間をかけて実る仕事もあるが、それだけではなくなった。速度超過した人間の心身はまさに運に左右されることだろう。その結果、負荷のかかってしまった身体に無理が生じて心の病気になってしまうのかもしれない。
 
 誰でも仕事でミスをしたり恋人とケンカしたとなれば落ち込む。この「気分不快」という状態は通常一晩眠ればやり過ごすことが出来ることだ。しかし落ち込み状態が長期に渡り、体に異状が出てくると心の病になることがある。
 
 周りの理解が得にくいのがこの類の病気の難点だ。患者にとって辛いのは、病気そのものに加えた周りの病気に対する無知である。真の理解者が一人いるだけでも違うものだ。人を本当に心配するというのは実に労力の必要なことである。「心配している」と言うだけでは、患者に負荷がかかるだけであることを知っておかなければならない。
 
 
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ 大場久美子「パニック障害&うつ」を告白・・・自傷行為も(ZAKZAK・08/4/7)
 
 

(Visited 12 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。