スパムブログが4割 ニフティ調査

 
 ニフティによると、日本のブログのうちの4割がその内容に意味のない「スパムブログ」だという調査結果を発表した。アフェリエイトサイトやアダルトなどのサイトに誘導すべく、自動的に更新されるという。
 
 実際、このブログに最近トラックバックされたサイトを見た。すると、単にあるキーワードに関するブログを集めた内容を引用してあるだけで、そのブログ管理者のコメントは一言もないものがあった。周りにはアフェリエイトがこれ見よがしに貼ってある。こんなサイトにトラックバックされても仕方ないので、削除した。
 
 スパムトラックバックは最近のことであり、以前までは似たような内容について書かれているブログも多かった。しかし正確に言えば、トラックバックというのは「あなたのブログに書かれていることを参考にしてこちらも記事を書きましたよ」という連絡を送るものであり、そうした純粋なトラックバックはもはや無くなってしまっている。
 
 こちらもトラックバックすることがある。もちろん、上記の掟に従ってトラックバックさせてもらっている。ブログの特徴はコメントができることであり、更新を他者に知らせることができることであり、リンクが容易に貼れることであり、トラックバックできることである。
 
 前のエントリで「日本語で書かれたブログは世界一多い」と書いたが、純粋なブログはそう多くはないことに愕然とする。そして、何かに特化した良質なブログを探すのは非常に難しいことだ。読みたい本を探すよりも簡単なネット検索であるが、本のように責任を持って書かれたものを期待するのはやはり無理があるのだろうか。
 
 本ブログは検索によって来られる方が多い。悪質なサイトに対するささやかな抵抗として、ここのブログではそうした「偶然来られたお客様」にも満足していただけるべく、続けていこうと思う。
 
 
☆ この世で人を疲れ果てさせるものは、自分を偽る心です。(アン・リンドバーグ)
 
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ 日本のブログの4割は「スパム」 ニフティが調査(朝日新聞・08/3/26)
 
 

(Visited 9 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。