Japan Blog Award 2008、グランプリ受賞はカータンさん

 ジャパン・ブログ・アワード2008の授賞式が東京・代官山で行われた。グランプリは「あたし・主婦の頭の中」のカータンさんでした。カータンさんのブログはイラストや顔文字を多用していて、日常を面白く綴っています。
 
 部門賞受賞の時は喜びを率直に語っていましたが、グランプリとして名前が呼ばれると「あ、やだ~」と言って涙を流されました。「やめようかと思ったこともあるけれど、夫やコメントくださるかたに励まされた」とのこと。
 
 授賞式は和やかに行われ、部門賞の発表の時にある審査員のかたは「これ大げさだよね」と、手にはめた白い手袋を見せて会場を沸かせた。プレスによる受賞者の写真撮影時、私の座る上にどこかの社のカメラマンがいて、邪魔にならないようイスから少しずり落ちて撮影に協力しました。
 
 授賞式後の立食パーティでは早速カータンさんにインタビュー。
「カータンってハンドルネームということは同年代ですね」
「私●●歳ですけどいくつですか?」
「●●ですよ」
 写真撮影をお願いし、「これブログに載せて良いですか?」
「いやだっていっても、さっきマスコミのかたに撮られちゃったんですよね(笑)」
と、とても気さくなかたで、自作の名刺を頂きました。何でも元客室乗務員だとか。
 
 次に向かったのは、ジャーナリズム部門受賞、現役早大生の男性。
「本名を出すことに抵抗はないですか?」
「よく聞かれるんですけど、何も変なこと書いていないし、批判もしていないので気にしていません」
「本キャン(早稲田キャンパス)での生活は楽しかったですか?」
「自由奔放でよかったです」
とのことでした。受賞の盾を持っているところを撮影させて頂きました。
 
 あと会場スタッフの女性も撮影させて頂きました。もちろん「ブログに載せて良いですか?」とお願い済みです。AさんとBさんありがとうございました。
 
 授賞式冒頭にアワード事務局代表の太田滋さんがスピーチ。「良いサイトの発展のためには、フィルタリングや監視が必要になってくる」とおっしゃいました。あともう一つ加えるとすれば、ブログやサイト運営者のモラルが必要になってくるだろう。著作物や表現の扱いには気をつけなければならない。
 
 啓蟄。代官山で素朴なブログ運営者・カータンさんが見事花開きました。
 
 
 ※ブログを引っ越しした関係で、カータンさんとのツーショット、紛失してしまいました。。。残っているのは、会場係をしていたスタッフの女性の画像一枚だけです。。。←これも紛失。。全て紛失。。
- - - - - - - - - - - - -
 本ブログに投票して頂いたかた、力及ばず申し訳ありません。ですが、初めての授賞式体験はとっても楽しかったです。次回も頑張りますので、これからも当ブログを宜しくお願いいたします。
 
Nono
 
 
☆ プロの作家とは、書くことをやめなかったアマチュアのことだ(Richard Bach)
 
 
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ あたし・主婦の頭の中(グランプリ受賞・カータンさんのブログ)
 
★ 「ジャパン ブログ アワード」 総合グランプリは主婦の「カータン」さんが涙の受賞(毎日新聞・08/3/6)
 
 

(Visited 947 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。