ジャパン ブログ アワード ネット投票開始

 
 昔から書くことが好きだった。どうせ書くなら面白い事と思い、なるべく人を笑わせるべく文章を書いてきた。小学校のお手紙交換、年賀状では迷路、アルバイト先に置かれていたノートも目を引くようなことを書くように努めた。ネットの出現で面識のないかたに読んでもらうことが可能になり、ネットからの発信という流れは自分の中では自然だった。
 
 他の言語でも面白いことは言えるのだろうが、日本語という言語は面白いと思う。ひらがな、カタカナ、そして漢字というふうに、数え切れないほどの記号で構成されている。ゆえに微妙なニュアンスを表現できるものだろう。
 
 「花がちらほら咲いている」情緒も感じられる綺麗な文。きっと季節は春だろう。「さらさらとした小川のせせらぎ」。きっと新緑の季節だろう。
 
 「あなたのことが好きです」という手紙を渡されたら、きっと心はときめきの赤だろう。「最近疲れちゃった」と書かれていたら、きっと悲しみの青だろう。
 
 こうした短文に衝撃を受けることがある。あとはそれが誰に読まれるかにかかっている。
 
 
☆ もしあなたが本当に読みたい本があるとしたら、それはまだ書かれていない。だから、あなたが書くべきなのだ。(トニ・モリソン)
 
★ ブログ:「ジャパン ブログ アワード」 ウェブ投票開始(毎日新聞・08/2/28)
 
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
 
 

(Visited 16 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。