ドンキ放火事件 119番対応が法廷へ さいたま市提訴される

 
 さいたま市の「ドン・キホーテ浦和花月店」で起きた放火事件で、その時になくなったアルバイト従業員女性の遺族が、消防の対応に問題があったとして、さいたま市消防局を管轄するさいたま市を訴えた。
 
 テレビでやりとりを聞いた。女性は冷静な口調で応じているが、背後では火災報知器が鳴り響いており切迫した状況が分かる。消防局の司令課の男性は「どの辺から煙がでてんの?」といった具合に危機感が感じられない。女性を安全に誘導すべきでなかったかというのが遺族側の言い分である。
 
 「救急ですか?火事ですか?」。以前、東京消防庁に119番したときに最初に聞かれたことである。こうしたところに通報するにはちょっとした勇気が要るものだ。だから受ける側は親身になって欲しいと考える。助けて欲しいのであるわけだから。
 
さいたま市消防局と女性とのやりとりは以下の通り。(朝日新聞より引用)
小石さん(以下、小):もしもし。もしもし。
指令課(以下、指):火事ですか。救急ですか。
小:えーと。火事なんですけど。
指:ドン・キホーテで火事?
小:はい。そうです。
指:火事なのね。何が燃えてるの?
小:えー、何が燃えてるんだろう。何が燃えてるのか、ちょっと分かんないんですけど。
指:建物なの?
小:はい。
指:火が出てんの?
小:火が出てる。ここからはちょっと見えないですけど、煙がすごいです。
指:どこで? ドン・キホーテの中?
小:ドン・キホーテの中で。
指:はい。何階建て?
小:はい。
指:何階建て?
小:私の?
指:何階建て? ドン・キホーテは?
小:えっ。ごめんなさい。聞こえないんですけど。
指:ドン・キホーテは何階建てなの?
小:あっ。えーと2階建てで上が駐車場です。
指:上、駐車場?
小:はい。
指:はい。で、1階2階建てなのね?
小:そうです。で、1階から火が出てます。
指:1階から火が出てんの。
小:はい。
指:今出しますからね。お宅さんの名前は?
小:はい。
指:お宅さんのお名前は?
小:あっ。私、小石って言います。
指:小石さんね。
小:はい。
指:電話番号は○○○○○○○(店の番号)でいいの?
小:はい。
指:はい。今行きますからね。
小:はい。お願いします。
指:1階のどの辺から煙が出てんの?
小:はい?
指:1階のどの辺から煙が出てんの?
小:ちょっと分かんないです。すいません。私出ます。
指:もしもし。もしもし。
(通話時間1分49秒)
 
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ ドンキ放火の119番対応、法廷へ 遺族が提訴(朝日新聞・07/12/17)
 
 

(Visited 84 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。