初代ファミコン修理受付終了へ(2007.10.17)

シェアする

 
 ファミコンを最初に買ったのは「マリオブラザーズ」がどうしてもやりたかったからだ。友人の家で初めて触れてのことだった。それまでは任天堂のゲーム&ウォッチやブロック崩しを自宅で楽しんでいた。シンプルなゲームからファミコンゲームへシフトしていった時代だった。
 
 そんな83年登場の初代「ファミリーコンピュータ」などの修理受付が終了となる報道を知って驚いた。通常電化製品の部品などは、メーカーが5年間保管しておく義務があり、それを過ぎれば修理などは困難になる。ただ、ファミコンは2003年まで生産され続けており、修理部品の調達は可能なことだったのだろう。
 
 カセットを抜き差しして通常ではない表示をさせる「裏技」も楽しんだし、キーボードをつないで当時はやっていたBASIC言語も面白かった。ゲームカセットはいくつ買ったか覚えていない。友人と遊べば、屋外での野球、屋内ではファミコンのベースボールで時間を過ごした。
 
 修理も大事だが、もう一つ大事な問題がある。2011年に地上デジタル放送が始まるが、地デジに対応するテレビでは、ファミコンは使えなくなる。これはファミコンがデジタルチューナーに対応していないことにある。ファミコンファンのかたは今あるアナログテレビを手放してはいけない。
 
 こうして一世を風靡したファミコンは静かに歴史を閉じようとしている。いわゆる”リセット世代”かもしれないが、ファミコンを囲んだ楽しい思い出だけはリセットしたくない。
 
 
☆ 床の上で自分の子供の電気機関車をいじくって三十分を空費することのできる男は、どんな男でも実際は悪い人間ではない(シメオン・ストランスキー) 
 
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 

★ 初代「ファミコン」などの修理受付終了へ(Iza・07/10/17)
★ 修理の参考価格(任天堂ホームページ
 
 

(Visited 64 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。