内藤「騒動もう終わり」

 ボクシングのことはよく分からないが、TBSの亀田大毅VS内藤大助選手試合は、大毅選手も実況側も酷かったようだ。がしかし、放送局が一方に偏る傾向はなくもない。例えば、日テレが巨人戦を放送すれば巨人びいきになる。巨人の選手がホームランを打てば実況も解説も”拍手喝采”となる。しかし他方が同じ事をしても褒める。それが放送する側のあるべき姿であろう。
 
 放送法では事実を中立に伝えることが求められている。大毅選手が内藤選手を持ち上げた時に実況は”若さが出ましたね」と”持ち上げた”。プロレスのように興行の側面を強く出したかったとしても、勝ち負けが注視されるスポーツ放送で好まれることではない。
 
 内藤選手は「この問題はもう終わり『チャンピオン強かったですね』と声をかけて欲しかった」と述べている。放送局が視聴者に言わなくてはならなかった大事な一言である。
 
 
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ 内藤が「騒動もう終わり」リング集中宣言(日刊スポーツ・07/10/16)
 
 

(Visited 9 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。