情報流出の男性に何の嫌疑が?

 ネット上ではあることが話題になると、ことの顛末をまとめた「まとめサイト」なるものが出現する。あちこちに飛んだ”真相”をまとめてあると便利ではあるが、これは少し酷い例である。
 
 愛知県内の男性社員がウイルスに感染し、PC内のファイルが1GBほど流出した。その内容はおもに関係している女性との”場面”を撮影した画像や動画である。それ以外にも会社の内部情報、友人・知人の個人情報も流出。
 
 暇な人間もいるもので、男性の家を撮影してサイトにアップ。女性の家までも撮影された。2人の顔写真、そして氏名までもが公になってしまった。さらには、援助交際や温泉での隠し撮り、小学生や中学生の裏DVDと思われるタイトルを記したエクセルファイルも公になった。
 
 このまとめサイトいわく、「ロリコンは、性犯罪の中でも大変悪質で危険です」「児童ポルノのビデオを所持しているだけで犯罪となります」、だから許せないというのがサイトの主張だ。
 
 確かに好ましいことではない。児童ポルノの単純所持は厳罰化が求められているが、現段階では違法ではない。そうなると、この男性が何をしたというのだろう。ウイルスに感染し、恥ずかしいファイルを流出させたお馬鹿さんに過ぎない。
 
 むしろ、このまとめサイトのほうが、男性と女性に対する名誉毀損、肖像権・著作権の侵害をしている可能性が高い。訴えられたらどうするつもりか。
 
 情報流出というのは、実はこうしたサイトこそが流出させている。加担しなければ、騒ぎにならないものを騒ぎ立てているだけだ。
 
 
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
 

(Visited 19 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。