マスコミより酷い? ブロガーの書き込み

 ブログが誕生して10年なのだそうだ。ブログは簡単に情報を発信する道具として定着した。通常のホームページよりも読んでもらえる確率が高い。コメントやトラックバックは特徴的なものだ。
 
 よく、マスコミ叩きのエントリを見かける。内容は「こんなこと書くなら他に報道することがあるのではないか」であり、マスコミの不祥事に対しては「自分のところだって同じくせに」といった具合になっている。ほとんど巨人戦を観ながらビール片手に文句を言うのとさほど変わりない状態になっている。
 
 不満を述べるのは実にたやすい。酷い事件を起こした犯人に対して「死刑になればいいのに」と書くのは簡単なことである。ただ、どういう理由で死刑になればいいのか冷静に書くブログというのは少ないものだ。
 
 2ちゃんねるが「便所の落書き」と言われたことは有名だが、街の壁にある落書きを見ると思う。書きたい放題なのはブログも同じではないかと感じる。公共の場であるネット空間では書きっぱなしにするのではなく、読んでもらうべく内容には留意すべきだ。書きたいという欲求は根底に読んでもらいたいというのがある。読み手が要求しているのは、他人が消すのに困難を伴う壁の落書きではないのだ。
 
 
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
 
 

(Visited 9 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。