国道下の駐車場 常にガラガラ

シェアする

 
 全国14カ所の国道下に建設した地下駐車場が常にガラガラ状態が続いているそうである。国道は国交省の管轄であるがゆえに、天下り先の財団が運営している。しかし、駅から遠いという理由でほとんど利用されていない。
 
 東京・渋谷区も数年前に区役所前に地下駐車場を設けたが、入り口が繁華街側にはなく、車の通行が限定されているNHK側にしかなかったことから、通行量のある公園通り側に入り口を追加した経緯がある。それでもここも満車になるところを見たことがない。
 
 提案であるが、普通車のみならず二輪車の駐車も可能にしてはどうだろうか。二輪車専用の駐車場も増えてきてはいるが、探すのは至難の業だ。駐車場側では「倒れたら危険」との理由もあるらしいが、大型二輪に乗る友人いわく「ちょっとやそっとでは倒れない」「駐車場があれば普通車料金でも喜んで入れる」といっている。
 
 駐車場がない二輪自動車は路上のみならず歩道にも違法駐車されている。こちらのほうが危険度は増す。ライダーにとっても、路上でいたずらされるよりかは防犯カメラがあるであろう地下駐車場のほうが安心だ。
 
 採算が取れなくて困っている駐車場は自動二輪車への利用促進も考えたほうがいい。助かるライダーはたくさんいるはずだ。
 
 
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ 国道下駐車場、ガラガラ 建設に巨費 遠い採算(朝日新聞・07/9/17)
 
 

(Visited 17 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。