安倍首相辞任(2007/9/13)

 
 突然の辞任劇であった。所信表明演説の後の辞任表明だけに「何故このタイミングで」という声が多く聞かれる。組閣が済んで間もない時期に職務放棄だと見られても仕方ないだろう。自ら辞めてしまった。
 
 ところで野党が”無責任だ”と反発するのは分かるのだが、自民党内からも厳しい声が上がっていることに違和感を覚える。同じ党内で政党を支えようとする党員はいなかったのだろうか。派閥があるのも巨大組織ならではなのかも知れないが、昔の自民党に比べて党内も核家族化している気がする。
 
 もっともそうしたことを含め、リーダーシップを発揮できなかった一国の長の責任は大きいが、”盛り上げ役”というのは首相ではなく、その周辺であるはずだ。金と政治の問題で揺れに揺れた安倍内閣だが、首相の周りは何をしていたのかが見えてこない。
 
 与謝野官房長官が首相の健康面について触れていた。総理大臣が突然辞めるということは異常事態であるが、体調に不安を持っていたとすれば納得できる。もしそうであれば、ゆっくり静養された方がよいだろう。金と政治の問題に関しては、安倍さん当人に責任はなかった。”余計なこと”さえしてくれなければ、内閣はもっと円滑に進行していたのではないかと感じる。
 
 組織の長というのは少し抜けている方が魅力がある。ただし、それを支える周辺がしっかりしていなくては意味がない。自民党内で安倍総理に批判的であるものも、総理を選出した責任を忘れてはならない。
 
 
☆ 孤独が必要なんですよ。孤独の時間をとれなかった自分の弱さを今、反省しています(小泉純一郎・過労でダウンしたときに)
 
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ 安倍首相退陣(読売新聞)
★ 「美しい国 志半ば」チーム安倍 衝撃と失意(産経新聞・07/9/12)
 
 

(Visited 10 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。