71歳で数学博士

71歳の数学博士が誕生した。
大阪大学大学院で、純粋数学という分野の博士号を取得したのが、兵庫県の金子和雄さんだ。定年後に「何をしていいか分からなくて」学校にとりあえず行ってみたという。

嫌いな学問というのは文字通り頭が痛いが、好きなものであれば心地よいストレスだ。「やめようと思った」のを思いとどめたのは、金子さんが持っている好奇心、探求心、努力であろう。勿論、周りの人たちの協力もあったはず。

「数学は誰がやっても答えが1つで、ごまかしようがない」と言う金子さん。

個人の持っている向上心は1つで、ごまかしようがない、そんな気がする。

金子さん、ご卒業おめでとうございます。
 
  
☆乗りかけた船には、ためらわず乗ってしまえ(ツルゲーネフ)
 
☆ 人気blogランキングに登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ あっぱれ71歳数学博士 金子さん阪大大学院を卒業(産経新聞・07/3/23)
 
 

(Visited 71 times, 1 visits today)