「全国都市緑化ぐんまフェア」観覧車は必要?不要? 伊勢崎市

 買い物をしようとし、割引券があるとお得感も手伝って衝動買いをすることがある。しかし、本当に安く済ませるためには不要なものは買わないことだ。これならタダですむ。
 
 第25回全国都市緑化ぐんまフェアが、平成20年に開催される。前橋市と伊勢崎市の共同開催だ。そのサテライト会場として、伊勢崎には波志江沼環境ふれあい公園が選定されている。テレビで見ると、沼があって周りはのどかな田園地帯。ここに「北関東一」の観覧車が建設される予定だ。
 
 しかし、伊勢崎のこのような場所に観覧車というのは、場違いな感が払拭できない。テレビの取材を受けていた主婦も逆に記者に質問していた。「こんな半端な田舎に観覧車ができて、あなた東京から来る?」
 
 確かに観覧車1つ乗るために伊勢崎に、というのは想像できない。市側にテレビ局が取材を申し込んだが取材拒否。そして街頭アンケートでは、観覧車建設賛成よりも、反対よりも、「計画自体を知らない」という市民が多いことに驚いた。多額の税金が投入されようとしているのに、周知が徹底されていないのだ。
 
 伊勢崎市は平成の大合併で、境町や東村などと合併した。10億近い建設費の7割に合併特例債が当てられ、3割は伊勢崎市が負担する。
 
 非公開で行われた、建設反対住民への説明会では住民側が「合併特例債7割も3割も税金じゃないか」と怒っていた。このまま計画が議会で承認されると、年明けには建設着工となる。波志江沼から1,7km先には毎年7000万の赤字を出している華蔵寺公園遊園地観覧車がある。計画の観覧車が火の車となって回り始めてはいないだろうか。
 
 
☆ 人気blogランキングに登録しています。クリックのご協力をお願い致します。  
 
★ 日本最古の屋上観覧車が最後のとき(本ブログ・05/7/16)
★ 伊勢崎の観覧車建設 大阪の業者選定(東京中日新聞)
★ 【新観覧車】群馬・伊勢崎市 環境ふれあい公園(FWGP)
★ 第25回全国都市緑化ぐんまフェアの概要(前橋市)
 
 

(Visited 56 times, 1 visits today)

コメント

  1. 観覧車建設で揺れる伊勢崎市

    今、私の地元伊勢崎市が新しい観覧車の建設で騒ぎになっている。 伊勢崎市は群馬県南

  2. 伊勢崎市に観覧車は要りません。

    伊勢崎に観覧車は要りません。観覧車建設で揺れる伊勢崎の『自営業者のきままな生活: 』さんからトラバを頂きました。文鳥日本開眼@ちゅるです。伊勢崎には、もう観覧車あるじゃないですか。そんなに観覧車作ったってしょうがないですよ。国からとかも補助金貰うんじゃな…

  3. 観覧車建て替え、市が「賛成署名」依頼 群馬・伊勢崎

     約10億円の観覧車を建設しようとしていた市が、「賛成署名」を集めようと工作していたという今日の記事より。
    (引用記事は、下部に掲載)

     市民の猛反発を受けながらも、約10億円の観覧車を強行的に建設しようとしていた伊勢崎市。
     しかし、市民の訴えを受け…