長い法律名

シェアする

 
 法律名というのは、時として難解なものが多い。例えば、俗に「独禁法」というのは「独占禁止法」の略語だが、正式名称は長くて、「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律」(22字)である。
 
 法律名というのは、時として女性の地位向上を援護する。「男女雇用機会均等法」の正式名称は、「雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等女子労働者の福祉の増進に関する法律」(42字)という具合だ。言えますか、一気に。
 
 常に、上には上がある。次の法律名は78字である。
 
 「原材料の供給事業及び水産加工品の貿易事情の変化に即応して行われる水産加工業の施設の改良等に必要な資金の貸し付けに関する臨時措置に関する法律の一部を改正する法律」
 
 読んでいて目まいがしませんでしたか。ここまでくると、もはや法律「名」ではなく、「文」のような気もするが、それは錯覚である。中に句読点がないので、やはり「名」であることに納得していただきたい。
 
 では、日本一長い法律名を。アナウンサーを目指している方は、途中で息継ぎすることなく、「かむ」ことなく、一気に読み上げていただきたい。字数を数えながら。
 
 「平成十三年九月十一日のアメリカ合衆国において発生したテロリストによる攻撃等に対応して行われる国際連合憲章の目的達成のための諸外国の活動に対して我が国が実施する措置及び関連する国際連合決議等に基づく人道的措置に関する特別措置法」。
 
 タイピングする私の身にもなってほしい。
 
 法律名というのは、時として冷たい。
 
 今月の24日、神奈川県内の産婦人科院長が、中絶胎児を一般ゴミとして捨てていたとして、検察側から懲役1年を求刑された。
 
罪名は「廃棄物処理法違反」である。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
 

(Visited 56 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。