被災地でのマスコミ

シェアする

 
 あの被災地での報道はどうにかならないのだろうか。被災者が食事中にマイクを向けたり、ただでさえ安眠ができないところ(体育館など)に取材陣が入ってきたり。被災者は疲れているのだ。
 
 地震発生当初はそれを伝える必要があったが、今となってはちょっと迷惑ではないだろうか。ある夕方のニュース番組では、普段はスタジオにいる解説者がわざわざ被災地からリポートをしている。いったい何の意味があるのか・・。
 
 刻々と伝えられる悲惨な状況。私たちが知りたいのは、被災地の真実の姿であり、マイクやカメラを向けられて作られる痛々しい映像ではない。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
 

(Visited 18 times, 1 visits today)

コメント

  1. 新潟親子の報道に大激怒

    あんまりマイナスのエネルギーは注入したくないけど。
    2歳の長男が助かり、妻と長女を失ったご主人に、カメラの前でコメントしてもらっている速報を見た。まあ、それ自体は良しとしよう。報道を見ていた一般の人達も、母子の安否や助かった子供の様子などを、心配したり気

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。