惜別 〜だいすきだった先生〜

 小学2年生のころ、好きになった女性の先生がいました。それは音楽の先生で色白で細身で目がぱっちりとした美人でした。
 
 先生の家は公園の近くで私の家と200mほどしか離れていませんでした。帰り道も一緒だったため、ある日私は待ち伏せして一緒に帰ろうと考えました。しかし先生、歩くのが速い。小学2年生の私には追いつけませんでした。走っていったらわざとらしいし恥ずかしい。
 
 それは失敗しましたが、先生に会ったら心がけていたことがありました。それは挨拶です。
 
「おはようございます」「こんにちは」「さようなら」。先生は、必ず笑顔で返事をしてくれました。そんな日が何日も続きました。
 
 そして4月を迎えて3年生になりました。なんと、音楽の授業がそれまでとは違って、音楽室でその先生に習うことになったのです。こんな嬉しいことはない、嬉しいことはないんだけれど…..。
 
 私は悲しい運命が待っているのを知っていました。それは「転校」です。5月の半ばまでの1ヶ月半のあいだ、先生との音楽の授業は本当に楽しかった。
 
 そして、私にとって最後の音楽の授業がきました。終業ベルが鳴り、私は先生に何も言わずに立ち去るつもりでした。
 
 ところがクラスメートの誰かが、「先生!Nono、転校しちゃうんだよ!」といったのです。すると先生は「まあっ!」といって駆け寄ってきて、小さい私を強く抱きしめてくれました。
 
 先生が泣いてくれているのが分かりました。私も先生の胸の中で大声で泣きたかった。あの瞬間、時が止まったのが分かりました。私は泣くのを我慢して先生に「さようなら」といって手を振ったことを覚えています。
 
 惜別って、ああいう瞬間を言うんでしょうね。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 東京都練馬区立大泉南小学校 
 
 
 

(Visited 28 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。